振り込め詐欺に気をつけて!

高齢者を中心に振り込め詐欺の被害が増えています。

息子や娘、孫だと偽って高齢者宅に電話をかけて、
不倫相手を妊娠させてしまったからまとまった金額が必要だと言ったり、
会社で仕事に失敗したので賠償するためにお金が必要だといって泣きついて、
お金を指定した口座に振り込ませます。

詐欺だと気づいたときには、
すでに振り込んだ口座からはお金が引き出されていて、
お金を取り戻すことができません。

近年は振り込め詐欺が巧妙化しているため、詐欺を防止する方法として、
銀行や郵便局のATMでは振り込み金額が制限されるようになっています。

窓口では職員が使い道についてたずねるなどの防止策をとって、
振り込め詐欺を防止するように努力していますが、
振り込め詐欺の犯人はさらにあくどい方法を考えています。

振り込むのではなく、受け子と呼ばれるお金をとりに行く人を準備しておき、
家の近くまでお金をとりに行く方法をとったり、
指定された住所に荷物としてお金をおくらせる方法をとっています。

振り込め詐欺はどんどん巧妙化していますから、
詐欺にあわないように普段から家族と意思疎通をとっておく必要があります。

そしてお金に関する話を普段からしておけば、詐欺にあうことを回避できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です