送りつけ商法に気をつけて!

詐欺して人を騙してる暇があるならFXでも勉強して真面目に
利益をあげようとしろよ。と思います。

ところで、
「送りつけ商法」とは、注文していない商品を消費者に勝手に送りつけて、
受け取った消費者に商品代金を一方的に請求する商法です。

突然商品が送られてくるのが一般的ですが、
最近は「蟹は好きですか」などセールスのような電話をかけ、
「はい」と答えただけで商品を送りつけてきたり、
代引きで送りつけて消費者が受け取る際に代金を支払うようにしてくるなど
様々なパターンがあります。

こうした「送りつけ商法」によって送られてきた商品は、
業者が一方的に送りつけたものであるため、
受け取った消費者が購入の意思を表示しない限り契約成立にはなりません。

代金を支払ったり、送られてきた商品を使用したりしなければ
売買契約を結んだことにはならないのです。

もし身に覚えがない商品が送られてきたら、受け取らないことが最良の選択です。

特に代引きの場合、代金を支払ってしまうと取り返すことが非常に難しいので、
絶対に代金は払わないようにしてください。

もし代引きでない商品を受け取ってしまった場合、
商品を受け取った日から14日間はなにもせずに置いておいてください。

法律では、送りつけられた商品について、
受け取った日から14日が経過しても送り主が引き取りに来ない場合、
消費者は代金を払う必要がなく、商品を自由に処分することができるとなっています。

14日が経過すれば捨てても使っても問題ないので、
それまでは未使用のまま保管しておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です